ウケる雑学

世界のびっくり人間たち ~ジャック・チャーチル~

世の中には変わった経歴、とんでもない特技を持って歴史に名を残した人物がたくさんいます。今回ご紹介しますのは第二次大戦に中世からやってきた男、ジャック・チャーチルです。

≪時代錯誤の軍人ジャック・チャーチルとは?≫

ジャック・チャーチルは1906年にイギリス領香港で生まれます。20歳で王立陸軍学校に入校、その後マンチェスター連隊をへてイギリス領ビルマに配属されます。その頃に彼は無線に興味を持ったのか、自転車で2000キロ離れたカルカッタまで行って帰って来たりして過ごしましたが、除隊しています。

≪腰にクレイモア、背にロングボウ、手にバグパイプ≫

第二次大戦がはじまると彼は軍隊に復帰しました。ドイツ軍のベルギー侵攻が始まると彼は意気揚々と戦争を始めました。彼はこの戦いの際になんと腰に剣を下げ、背に弓を持ち、バグパイプを吹きながら指揮を執っていたそうです。さらには弓で多数のドイツ兵を殺害しています。ちなみに第二次世界大戦の公式記録で唯一の弓による殺害だったそうです。ドイツの攻勢が激しくなる中、戦線は崩壊してしまいますが、彼の部隊は着実に反撃を行ました。

≪見かけ倒しではない、その実力。≫

ベルギーからの撤退後、彼はコマンド部隊に志願します。この部隊は現在のイギリスの特殊部隊の大本になる部隊で、戦場で最も危険の伴う任務をこなす部隊でした。彼はこの部隊がどんな任務を行うかはよく知らずにただ「楽しそうだから」という理由で志願します。1941年にはノルウェーのドイツ軍に奇襲をかける作戦に参加。この際になんと、奇襲にも関わらずバグパイプを演奏し手榴弾を投げて攻撃を仕掛けますがなんと作戦は成功、勲章までもらっています。1942年には南イタリアで作戦を指揮。この際にはなんとナポレオンの活躍した時代に使われていた戦術、戦列歩兵陣という兵士をきれいに並べて突撃させるという時代錯誤の攻撃方法を取ります。しかしドイツ軍はこの攻撃の意図が分からず混乱してしまい彼はこの戦いで100名以上の捕虜を取ることに成功しました。ちなみに彼は剣を片手に突撃し42名の捕虜を取ることに成功しています。

≪戦争が好きすぎる人≫

そんな彼もユーゴスラビアでの作戦で捕虜にされてしまいます。ちなみにこの戦いの際、激しい攻撃で味方が倒れる中、彼はバグパイプを吹いて味方の士気を鼓舞し続けたそうです。しかし彼は捕虜になっても変わることはありません。捕虜生活の際にはドイツ兵にバグパイプの演奏を聞かせては感想を聞いて回るという余裕っぷりでした。二度の脱走を企てており、一度目は失敗しますが二度目で成功させ、一週間で200kmを走破して戦線を突破しました。しかしこのころにはヨーロッパでの戦いはほぼ終わっていました。そこで彼は太平洋の戦線、日本軍との戦いに志願しますが、これも参加する前に日本が降伏。このことを知った彼は一言「ヤンキー(アメリカ)が仕事さえしなければ後十年は戦えた」と悔しそうに言ったそうです。

その後は前線から退くと教官職につき1959年に退役、1996年に亡くなりました。

いかがでしたでしょうか。歴史上には変わった経歴を持つ人物はたくさんいますが彼ほど時代錯誤なことをして活躍した人は少ないかもしれません。変わった人物はどんな時代にもいるものです。