ウケる雑学

実は世界一だった?日本の火縄銃

世界各地、探してみれば何かしら世界一というのはありますよね。ギネスに登録されているものから歴史的なものまでたくさんあります。今回はそんな小ネタになる世界一をご紹介します。

≪銃の日本伝来≫

日本に銃が伝来したのは一般的には1543年の種子島にオランダ船が流れ着いたことが始まりという説があります。種子島に流れついたオランダ船には当時の中国人が乗っており、日本人の学者とその中国人が通訳しその際にオランダ人が持っていた鉄砲を実演、その威力に興味をもった種子島の領主、種子島時堯が持ち込んでいた銃の内に朝を購入しました。ちなみにこの時の購入金額は現在の金額にすると数億円に相当する2千両を払ったそうです。そしてこの二挺の内一つを鍛冶師、八坂金兵衛に調べさせ鉄砲の生産に入らせます。そして鉄砲伝来から2年で国産鉄砲の製造に成功したそうです。

≪日本に広まる銃≫

鉄砲の製造技術は短期間で日本に広まります。鉄砲の製造に成功した時に種子島には現在の堺市に当たる堺の街の商人橘屋又三郎と紀伊国、現在の和歌山県根来寺の僧津田算長という二人の人物がいました。この二人は鉄砲に目をつけ持ち帰り、そこで複製させます。結果、堺と紀伊では戦国時代有数の鉄砲の生産地になります。その後、現在の滋賀県の国友や日野でも生産されるようになります。そしてこの鉄砲に目を付けたのが、織田信長を初めとする戦国武将でした。一説によれば信長は長篠の戦いにおいて火縄銃を1000丁用意させた、という話です。豊臣秀吉が天下を取った後に起きた文禄慶長の役では、日本の銃に明軍が苦しめられ、その後明では銃器の解説書が出されました。

≪そして世界最大の銃保有国。その数50万≫

戦国時代とその後において日本は銃を最大限活用しました。外国から渡来した銃ですがその生産数は何と50万丁も作っており、当時の銃の保有国としては最大の数だったそうです。しかし、戦国時代以降江戸時代に入ると銃の使用は激減、徳川綱吉の時代になると銃による狩猟、所持の原則禁止や銃の移動制限などが影響して銃の生産量は落ち、鎖国の影響もあって技術進歩がなくったことにより大きな変化はありませんでした。また砲術の競技かにより威力よりも命中率を上げることになったり裕福な庶民の遊びの道具になったりしました。このようにかつては銃の最大の生産地だった日本は大きな技術進化を迎えることもなく、幕末に進んでいきます。

いかがでしたでしょうか。外国から伝わったものがいつの間にか世界一の生産地になるあたり、日本人らしいですね。実は鉄砲伝来にも諸説あり、種子島に伝来する以前に中国から伝わっていたという説もあります。ジブリ作品もののけ姫を考えてもらえばわかりやすいです。いずれにせよ日本人のものづくりのすごさを示すエピソードでした。

現在は骨とう品にもなる火縄銃ですが所持するには届け出が必要です。というよりも銃刀法違反になる可能性があります。構造が簡単なため、発射そのものは非常に簡単で、しかも威力は拳銃やライフルよりも威力はかなり高かったりします。命中率が悪いくらいで非常に危険ですので、発射可能な火縄銃を見つけてしまった時は必ず警察に届け出ましょう。知らず知らずのうちに警察にご厄介にならないように。