女が髪をいじるのはセックスしたいから!?

一般的には、女性に比べて男性の方が感情表現が豊かだと言われます。考えが顔に出やすい、単純だ、ということになるのかも知れませんが、性的な事情とも関係あるでしょう。男は数多くの女性にペニスを挿入して射精し、子どもをたくさん作らせるという本能を持っています。相手に「やりたい」「入れたい」という意思を伝えなければ生きていけません。当然、ストレートな意思表示が必要になるのです。

一方、女性の方は「相手を選ぼう」とする本能が働きます。何本のペニスを受け入れても、妊娠するためには1本しかいりません。ひとりの精子を慎重に選ぼうとするため、あっちにもいい顔、こっちにもいい顔をしてその気にさせつつ「入れさせない」という態度を維持しようとします。だから「ポーカーフェイス」になりがちなのです。誰にでも入れたがる男と、1本をしっかり選ぼうとする女との力学によって、最良のペアが生まれ、人類は繁栄してきたとも言えるでしょう。

女性が優柔不断であったり、八方美人であったりするのは、ある意味では人類の本能によるものとも言えるでしょう。ただ、そうは言っても、女性にも「やりたい」「入れてもらいたい」という強い欲望はありますので、それは無意識に表に現れます。例えば、「髪をいじる」こと。セックスしたい相手に出会うと、女性は髪に触れることで誘惑しようとするのです。



髪に触れるのは「見て見て」のサイン!?

一緒にいる女性が、自分の髪を指先でくるくるといじりながら話しているのに、気がついた経験のある男性は少なくないでしょう。全くないという人にとっては残念な話ですが、女性は「気がある」のサインとして髪をいじることが多いのです。昔から「髪は女の命」と言われますが、女性のセクシーさの象徴です。そこに注目させるために、無意識に指でいじるのです。「ほら、私の髪はきれいでしょう?」「私って色っぽいでしょう?」「私の体が欲しくなったでしょう?」というアピールのために行います。

もちろん、無意識下の行動ですので、「俺とやりたいの?」と尋ねても「何言ってるのよ、ばーか」と言われてしまいかねませんが、深層心理では「やりたい」のです。こういう女性はさりげなく誘えば必ずモノにできます。



髪に触れるのは人前でオナニーするのと同じ!?

女性は心理的に不安定になったときや恐怖心を抱いたときなどにも、髪をいじります。触れることで精神の安定効果があるからです。また、「気持ちいい」という感覚も得られます。長い髪をブラシでいつまでも梳(す)き続ける人がいますが、行為自体が気持ちいいからです。一種の性的快感を得ているわけで、軽いオナニーをしているようなものです。

セクシーな女性はことごとく髪を長くしていますが、それが「エロ」の象徴だからであり、かき上げたり首を振って大きく揺らしたりするのは、男性の心をかき乱し自分に惹き付けようとしているからです。それをいじることで、自分の性欲を表現し、相手をその気にさせようとする心理が働いています。

女性が髪をいじり始めたら、性的に興奮している可能性が高いと言えます。そんなときには、相手のプライドをくすぐりながら、ベッドに誘うのも良いでしょう。




Copyright© ウケる雑学 All Rights Reserved.