イエスの母マリアはできちゃった婚!?

仏教と神道とをごちゃまぜに信じている人の多いわが国には、キリスト教徒は1パーセント以下しかいないと言われています。それゆえ、イエス・キリストのことも、その母マリアのこともあまりよく知られていません。聖母マリアは処女マリアとも呼ばれ、ヴァージンなのにイエスを妊娠し出産しましたが、それすらも知らない人が少なくないでしょう。「処女なのに妊娠するはずがないじゃないか」と文句を言う人もいるでしょうけれど、その点に関しては「神の領域」の話になるので、事実かどうか確かめようがありません。議論することに意味のない話でしょう。「神」にはあらゆることがあり得てしまいます。

神話にケチをつけても始まりませんので、神の話の「事実」に注目すると、「マリアはできちゃった婚」をしたことになっています。聖母マリアはイエスを妊娠する前に、既に婚約していました。お相手はヨセフという大工。二人が結婚したときにはマリアのお腹の中にはイエスがいて、マリアは大きなお腹を抱えて結婚式を迎えたのです。自分の精子から作られたのではない子どもを宿した女性と結婚したのですから、現代的な見方をすれば、ヨセフは「お人好し」だったのでしょう。



処女なのに妊娠した姫は日本にもいた!?

京都の賀茂神社に伝わる伝説(賀茂神社縁起)によれば、ここの姫様であった玉依比売(タマヨリヒメ)は、いつも素っ裸で川遊びをするのが大好きでした。処女にも関わらず、覗かれたり犯されたりすることを恐れもせず大胆に遊んでいると、ある日、姫様に欲情した神様(火雷神)が矢(丹塗矢:にぬりや)に化けて近づいてきたのです。

上流から流れてきた矢を持ち帰り枕元に置いておいたところ、姫はセックスもしていないのに妊娠してしまいました。知らないうちに、神様に貫かれてしまったのでしょう。こうして生まれた子が、可茂別雷命(かものわけいかつちのみこと)で、賀茂別雷神社(上賀茂社)の祭神となっています。

キリスト教がわが国に伝わるはるか以前から類似した話が存在しており、聖母マリアとは無関係に成立した神話です。古事記にも、活玉依姫(いくたまよりひめ)という美女が結婚もしていないのに妊娠してしまった話や、勢夜陀多良比売(せやだたらひめ)が排便中に矢(に化けた神様)に下から貫かれて妊娠してしまった話があります。妊娠のメカニズムがよく分かっていない時代には、女性が「処女なのに妊娠した!」「神様の子だ!」という言い訳が通用したのかも知れません。



ヨセフは関係ないのに神の父となった!?

マリアは処女懐胎したので、イエスには父親はいません。ただ、マリアは父親の不明な子を妊娠したままヨセフと結婚しましたので、結果として、ヨセフはイエスの養父となりました。ヨセフもマリアもユダヤ教徒ですが、ユダヤ教の教義に基づけば、ヨセフはマリアの不義密通を根拠に婚約破棄をすることができました。しかし、心の広いヨセフは、他人の子を自分の子として育てることにしたのです。イエスとは血のつながりがないのに、結果として、ヨセフは「神の父」となれたことになります。

尚、福音書によればイエスには6人の兄弟姉妹がいたようです。彼らがマリアの子なのか、ヨセフの子なのかについては定かではありませんが、他の子どもたちはセックスによってできたのでしょう。




Copyright© ウケる雑学 All Rights Reserved.