マリッジブルーとは女だけの言葉じゃない

マリッジブルーというものを女性だけのものだと思ってはいけません。どうやらこれは女性だけに限らず相手の男性、ひいては周りの人間たちにも起こることなのです。



結婚前に大ゲンカするカップルが多い

マリッジブルーを広義で捉えると、結婚しようと考え出したときから始まっているのではないでしょうか。特に両親との挨拶をしようとなった頃には、男性は特に憂鬱になる気がします。「俺もとうとう年貢の納めどきか」などと考えていると鬱病になってしまいそうです。

そうした状態に陥ると、ついついパートナーに対してとげとげしくなってしまうこともあります。結婚相手をどうしても八つ当たりする対象にしてしまいがちで、だんだん「こいつと一緒に一生暮らしていくのか?」と考えているうちに何かの拍子に大ゲンカしてしまい、結婚を破棄することになる人もいるようです。

私の友人夫婦は、結婚前にお互いがマリッジブルーになってしまい、互いの職場の異性と浮気をするという最悪の事態に見舞われました。その上で話し合った結果一度は結婚を放棄しました。その後思い直してやり直すことでなんとか子供をもうけるまでになりましたが、一時はメンタルクリニックにまで通ったそうです。その結果言われたのが「これは一種のマリッジブルーでしょう」という言葉だったそうです。



マリッジブルーでEDに?

また、マリッジブルーが原因でEDになってしまう男性もいるようです。EDは精神的なものから来る場合もありますから、一概に「そんな馬鹿な!?」とは言えません。むしろ奥さんと結婚してから毎日セックスしなければいけないというような妙なプレッシャーにさいなまれる方がいてもおかしくないでしょう。結婚すればいずれ子作りもしないといけませんし、男性には結構負担もあるかもしれません。

ED気味になると自信を喪失してしまい、ますます男女関係が悪くなる可能性も否めません。そこで、そうした状態になってしまったという自覚があったらすぐにED治療専門のクリニックに足を運んで下さい。一般的に一番ポピュラーなED治療薬はバイアグラです。使ったことの無い方も名前は知っていますよね?今ではジェネリック薬品も販売されており、比較的安価で入手できるんです。

ED治療専門のクリニックは、プライバシーに配慮もされており、恥ずかしがるようなことは一切ありませんので安心して処方してもらって下さい。

マリッジブルーになって男女の間や親との関係が悪くなってしまうことは良くあることです。しかし結婚式を経て仲が戻ったというパターンもありますし、それを契機にまたラブラブになって、新婚生活を満喫することができることもありますので、是非バイアグラなども活用しつつ、結婚をエンジョイできるようにして下さい。


Copyright© ウケる雑学 All Rights Reserved.