女性たちの2つの「特徴」の秘密

女性の特徴と言えば、「長電話が好き!」「流行に敏感!」「嘘がうまい!?」など、いろいろなものが挙げられます。性差による傾向の違いも、確かにあるように思われます。しかし、科学的に立証された「女性の特徴」もまた存在しています。「ストレスに強い」「甘いものが好き」…この2つの女性の特徴の「なぜ」を、詳しく解説していきましょう。

タフなメンタリティのワケ

泣き虫で、照れ屋な女性が、あるタイミングでは本質的な「強さ」を見せることもあります。女やもめに花が咲く、男やもめに蛆が湧く、とも言われる通り、一般的に女性の方が気丈な性格をしているようです。あらゆるストレスに強く、嫌なこと、苦しかったこともすぐに忘れて、ポジティブに生きていきます。男性よりも女性の方がストレスを受ける機会は多いはずなのに、1回1回のダメージは、男性の方が強く受ける傾向にありますよね。

サルにストレスを与える実験をしても、メスは平気で、オスだけが胃潰瘍などになることが多いようです。実は、女性ホルモンには血管を広げる作用があり、このようなストレス病にはなりにくいとか。対して、男性ホルモンには充血作用があり、ストレスに弱め。

最近では、政界にも女性の進出が多くなってきています。パワフルで打たれ強い女性が多いのは、そもそも体の内側がストレスに強くできているから、なのかもしれません。

甘いもの好きの真実

女性が概して甘党なのも、ホルモンが関係していると言われています。かつてある大学教授が、甘いもの好きのメスのマウスから、卵巣を切り取る実験を行いました。すると、マウスは甘いものをそこまで好まなくなったと言います。

また、生まれてすぐに去勢されたオスのマウスは甘党になった、甘党のメスに男性ホルモンを注射すると甘いものを避けるようになった、という実験結果もあります。女性ホルモンには、まだまだ私たちが知らない、深遠なる秘密が隠れているのかもしれません。

また、女性も加齢によってホルモン分泌量が減ってきます。女性の性機能障害をFSDと呼びますが、心理的な原因のほかにホルモン量の減少も理由のひとつです。男性の場合はバイアグラに代表されるED治療薬がありますが、女性の場合はまだ画期的な薬品は販売されていないようです。

人間の特徴がすべて科学的に説明されてしまうのも、少し興ざめです。しかし、単純な事実としてこういった知識を持っておくと、会話のネタになります。あまり女性の反感を買わないためにも、断定して話すのは避ける、などの工夫は各自でしてくださいね。


Copyright© ウケる雑学 All Rights Reserved.